toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

エリート官僚は、なぜウソをつくのか

エリート官僚の生涯収入が10億円にもなるから

「日本人の平均生涯年収は2~3億円です。

キャリア官僚は天下りで3~5倍の生涯賃金を得られます。」

そんな大金もらえるから、政治家を守るために平気でウソをつきます。


なぜ、生涯賃金が10億円にもなるのか

理由は、天下りを繰り返すからです。

外郭団体で数千万円もの年収と退職金を繰り返しもらえば10億円くらいは、すぐになります。


外郭団体の存在価値はありません

官僚は許認可権を握っています。その許認可権を駆使すれば、適当な理由をこじつけ外郭団体を作ることができます。


外郭団体を作る法律を作るのは政治家

官僚は、ドンドン外郭団体を作りたいのですが、官僚は行政府であって、法律を作る立法府ではありません。

「国有地をタダ同然で売りとばそうが」

「不必要な獣医学部を増設しようが」、

官僚のハラは痛まないのです。

損をするのは国民です。どんな白々しいウソをつくのも、書類を廃棄したり改ざんしたりするのも、官僚を退職後に待っている「天下り」があるからです。



エリート官僚8〜10億円の生涯賃金

http://www.news-postseven.com/archives/20120714_128070.html?PAGE=1#container


生涯賃金10億円財務官僚の給料と天下り

http://tskeightkun.blog.fc2.com/blog-entry-765.html?sp


エリート官僚以外も似たような生涯賃金
規模が小さくなるだけで、エリートだろうがなかろうが、「天下り」があります。
また、東京、大阪、名古屋、福岡の大都市にも「天下り」がいっぱいあります。
大都市に限らず、地方の県庁、市役所、町役場にまで天下り組織があり、NHKにも製作会社や調査・研究に名を借りた天下り組織がいっぱいあります。