toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

国保の不正請求や無駄遣いがなくならい理由

不正請求の規模の大きさは、想像を絶する

整骨院業界だけで、年間3000億の不正請求。

http://www.tomocci.com/seitai/20150707.html

世の中には、強盗、詐欺、などの犯罪があるが、

総額が3000億円にも登る犯罪が堂々と行われているのが現実だ。

全国の三分の一の請求が大阪に集中

http://kenko100.jp/articles/111111000320/#gsc.tab=0

関西や近畿という他府県を含んだ範囲でもなく、

48都道府県の一つである「大阪府」だけで、

全国の三分の一の請求が集中しています。

典型的な例は吉本芸人による集団詐欺

http://saruvia.eight-two.co.jp/via/news/yosimoto

保険証預けアルバイト感覚で犯罪に加担する者もいるのが、悲しい現実です。

発覚しても氏名を公表せず再発を放置

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456579517/

佐賀県佐賀県後期高齢者医療広域連合は、1360万円もの不正請求をしたマッサージ業者の氏名も公表せず、告発もしていません。

佐賀県に限らず、大金が動く組織の人事異動が頻繁に行われないと癒着が進行し不正が防げないのです。

いったん、保険制度を解消し再出発すべき。

皆保険制度のはずが、たった一年滞納をしただけで、

窓口で全額個人負担をしいる現行制度は、あまりにも残酷すぎる。そういう人たちこそ健康保険が必要ではないのか。

不正請求で膨大な金額を浪費されても放置し続け、集金システムだけが強力に機能する現制度の改善は、小手先では無理だ。