toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

ほしのあすかAV出演が洗脳・強要だったと告白・

ニュースによると

元AV女優のほしのあすかが、AV出演を強要されたいた過去を明かし現在も通院中という。2004年、ミス週刊少年マガジンに選ばれ、芸能界入りを果たし2010年に突如AVデビュー、13年にAVを引退し世間を騒がせた。ある人物に半年以上の洗脳を受けていた。相談係り、担当マネージャー、営業マネージャー、占い師と4人がかりで囲い込まれ、「グラビアのお仕事」と言われ実際はAVの撮影だったという。

当時22歳だった自身のことを「まだ若くて純粋で、世間知らずだった」と振り返っている。
今でも結婚や子供は難しいと感じているといい、もらっていた給料は、サラリーマン並みだったそう。

そんなにAV出演を否定しなくても良いのに

日本には、どうして職業に貴賎があるのだろうか、AV女優とは、そんなに卑しい仕事で出演した女性は一生苦しまなければいけないのだろうか。

AVに出演することは、決して犯罪ではないのだから、日本社会にある強い偏見が問題ではないだろうか。

小学校講師を解雇された菅原瞳さん(当時27)

無修整のアダルトビデオを撮影させたとして、静岡県警沼津署などは2013年、横浜市港北区 
新吉田東7の非常勤講師、菅原瞳容疑者(当時27)をわいせつ電磁的記録記録媒体頒布幇助 
(ほうじょ)容疑で逮捕したと発表した。菅原容疑者は都内の小学校に勤めていたという。 



辞職に追い込まれた大阪の女性教諭(当時29

大阪府教育委員会2013年5月、勤務時間外に風俗店で働いていた府立高の女性教諭(29)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は「クレジットカードでの借金返済のため、高収入のアルバイトを考えた」と認め、同日付で依願退職した。府教委は「教員の信用を著しく失墜させた」と重い処分とした。

女性に対する強い偏見ではないのか

根底には、男性は良いが、女性は、裸を見せてはいけない、性行為をしてはいけないという偏見があるのではないだろうか。

映画「プリティーウーマン」は非現実的か

売春婦と大富豪が恋に落ちるという話は、映画の中だけなのだろうか、日本は、今、フリーセックスの時代だ。さらに低年齢化もすごい。そんな中で、女性の過去にこだわっていても意味がないだろう。

ということで、ほしのあすかさんは、偏見を意識しすぎているだけだと思います。