toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

ホーチミン、有名でもない屋台のお粥

ホーチミン街角、ありふれた「お粥」


ベトナムでは、お粥のことをchaoと言います。

ハノイに行った時、有名なお粥の店に行きました。ホーチミンでも、ハノイ式のお粥のレストランは人気があります。

しかし、あえて街角の行商というか屋台のお粥を紹介します。


f:id:toshiwithlove:20180525101627j:plain


thận(レバー)入りのお粥でした。

f:id:toshiwithlove:20180525101749j:plain


日本や中国の白いお粥は、chao khongと言います。具が入ったお粥は、こんな色合いになります。

「もやし」と「刻みネギ」が目立って、

生姜の千切りがピリッとしました。


屋台によっては、中国のヨウティアオ(油条)に似たクアイ(揚げパン)も売っています。


観光ガイドブックやインターネットのグルメ情報でのレストラン探しも良いですが、小腹がすいて、ふと見かけた屋台で食べてみるのも旅行の醍醐味の1つです。


もう随分前ですが、初めてバックパッカーでタイのバンコク、カオサンで食べたお粥の驚きと味が忘れられません。

色は、日本と同じ白でしたが、具材としてレバーなどのホルモンにびっくり、恐る恐る食べた記憶が鮮明に残っています。


確かに情報は大切ですが、なんでも情報に依存する文化はどうかと思いませんか。