toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

日本、ギャンブル依存症と勤勉が世界一の理由

尊い勤勉と、愚かなギャンブルが同源?

カジノ法案が通過、すでにギャンブル依存症世界一

以下のブログ記事を参照

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5995.html?sp

日本のギャンブル依存症は世界でも突出。

ギャンブル依存症の有病率▼

日本                     4.8%

オーストラリア   2.1% 

アメリカ           1.4% 

フランス           1.2% 

イギリス           0.8% 

スイス                  0.8% 

韓国                   0.8%

なぜギャンブル依存症率が高いのか

それは、教育のせいです。

幸せ→金→手段は3つ(労働か犯罪かギャンブル)

日本では、いくら働いても、幸せになれない。

働くことが目的になってしまっているのに、

気づかないように教育されています。

気づくと働くことが馬鹿馬鹿しくなるからですね、

ギャンブルも、同じです。

だから、中にはギャンブルに勝つ人もいますが、

勝った金を活用せずギャンブルに又つぎ込みます。

ギャンブル依存症ワークホリックも同源です。

手段自体が目的化しているのです。

さらに自分だけは違うと確信

ブラック企業で自殺者が相次いでも、自分だけは違うと思い込む鈍感さも習得しているから、

さらにタチが悪い、

ギャンブル依存症の人たちは、教えられた通りに幸福になろうと努力しているつもりなんです。

真面目に働いても、高い税金・社会保険料、官僚が天下る教育機関、交通機関、製薬会社、通信企業への高額な出費で蓄えができず、働き続けている人たちと同じなんです。