toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

ベトナムのご飯 cơm tấm sườn

cơm tấm sườn(コム タム スゥン)

f:id:toshiwithlove:20170608150417j:plain

cơm ご飯

tấm   英語のbroken、砕いた

sườn 英語のside、バラ肉(豚)、リブ

砕いた米を炊いたご飯とおかずをセットにしたベトナムのファストフード。

定番のおかずは、3種類ある。

1)甘辛いタレに漬け込んで炭火で焼いた豚肉「スゥン」->この写真

2)卵とひき肉の蒸し物「チャー」

3)豚皮の千切り「ビー」


価格 60000ドン(約300円)


2回目のイタリア、ローマの市内観光で思ったこと

トレビの泉

とにかく、すごい観光客のカズ、後向きにコインを投げて入れば、また来れるらしいが、二度と来たくなかったので、この写真を撮った後、帰った。

f:id:toshiwithlove:20170607230713j:plain


コロッセオ

観光バスで近づくと、順番待ちの長い行列を発見。とても待つ気にならず、バスの中から写真を撮ってパス。

f:id:toshiwithlove:20170607231055j:plain


バチカン市国

入り口の前に大勢の人、ここも写真だけ撮ってパス。

f:id:toshiwithlove:20170607231319j:plain


スペイン広場

映画「ローマの休日」で記憶にある場面なので、どうしても訪れたかったが、なんと工事中。工事中なのに多くの観光客で騒がしいので、この写真を撮ってホテルに戻った。

f:id:toshiwithlove:20170607232919j:plain



ローマの印象

レストランやコンビニのスタッフの態度が悪い


観光客が多すぎる


物価が高い


レストランが美味しくない


2回もローマに行った理由と結論

もう20年以上前、バリ島で出会ったフランス人が、言った「私達は、ヨーロッパから、時間とお金をかけて、この自然をたのしむことができる。日本人は、ゴミだらけのパリなんかに来るのか分からない。」が理解できなかったから。

1回目はナポリ周辺の世界遺産を中心にまわったが、テレビで十分だと思った。

あのイタリアへの憧れは何だったんだろう。

江戸時代のお伊勢参りのように、憧れとしてのヨーロッパ旅行に価値があると、長年、思い込んでいたのが崩壊したが、教科書や、夢映画でお馴染みの場所に行けば、何かあると思ったが、同じだった。

フランス人の言うとおりだった。

ヨーロッパまでのフライト時間、フライト料金が無駄に思えた.

感動的、空や海の青さ、ドリアンに代表される病みつきになるトロピカルフルーツ、エスニック料理、貧しいが、人なつっこい人々がいる。

比べようがないくらい東南アジアの方が良い。


若者の自殺率が一位で思うこと

若者の自殺率が、先進国で一位

生き方、考え方の主体性を奪う教育は、若者を世界一の自殺率に追いやっている。

不登校になる方が当然の義務教育

「皆勤賞」は、日本の学校に今も存在する。

「休まないこと」は良いことだろうか。

人は、体調の悪い時や、気分の良くない時があるのが普通で、学校に行きたくない日もあるのが当然なのに、「休まないこと」を学校が奨励すれば、「休むこと」は悪いことになってしまう。


成績が悪いと留年するフランスとの違い

フランスで、成績不振が理由で小学生が留年したことが話題になった。

日本のマスコミは、おおむねフランスに批判的な報道だったが、成績の結果にかかわらず、誰でも進級させてしまう日本の義務教育の方が問題ではないだろうか。

問題は、本来、学校の仕事であるはずの教育の補完を塾に依存し、学力の到達を放置した学校の責任ではないだろうか。


押しつけられる、矛盾だらけの完璧主義

得意・不得意があるはずの、どんな教科、科目でも100点満点が目標とされ、

スポーツを中心にすれクラブ活動も奨励され、時にはボランティア、男女交際なども。

「したたかさ」を持ち合わせていたり、ある程度、鈍感に受け流せる資質のある場合は、矛盾だらけの完璧主義に悩むこともないが、純粋な人や、何でも真剣に受け止める人の場合は、どうだろうか。


自分の責任にしてしまう危険性

勉強、クラブ活動、恋愛、友人関係において、理想を基準にすると、自己嫌悪におちいったり、自分を過度に責める危険性はないだろうか。


多様性を認めない日本の教育

今だに、髪の毛の色を染めたりパーマをあてることを禁止する学校が多い。

外国人の生徒も増え、金髪の子ども、アフリカから来たパーマの子どもは、生まれつきだから良く、生まれつきでない子どもはファッションとして真似することは悪いことなのだろうか。


パン屋を和菓子屋に変更させた文科省

教科書への指導だとして、元の教科書にあったパン屋さんを和菓子屋さんに変更させたことが話題になったが、日本に定着している文化まで否定する文科省が、多様性を認めないのは当然だろう。

結果責任を個人に押しつけ、多様性を認めない社会なら、「生きづらい」と考えてしまう責任は、文科省にある。


日本を離れるしかないが

僕の思春期の場合、激しい違和感の中で苦しみながら過ごして来たが、結局、日本脱出を選択した。

今、日本にいないおかげで、平和な日々を過ぎせている。

たとえ、今、日本を離れることができなくても、こんな変な国は日本だけだって思って、いつの日か、日本を離れることを夢見るだけでも、気楽になれるかもしれない。









Caravelleのdiner buffetでロブスターの食べ放題

ズラリ並んだロブスターや大型シャコ

f:id:toshiwithlove:20170605102541j:plain


ホーチミンのカラベルのディナーでは食べ放題

大きなワタリガニも、食べ放題です。

ロブスターだけでは、もったいないのが、カラベルのディナー、大きなワタリガニも、巨大なシャコも、当然、食べ放題です。

f:id:toshiwithlove:20170605103307j:plain


にぎり寿司などの日本料理も充実

マグロ、サーモンのお刺身も美味しく頂きましたが、写真はありません。

寿司は、日本で食べるのと同じくらい美味しいです。

f:id:toshiwithlove:20170605103638j:plain


デザートは、種類が多すぎて悩みます

チョコレートタワーにフルーツやマシュマロをつけて感動的なデザートタイムでしたが写真を撮りわすれました。

f:id:toshiwithlove:20170605104045j:plain


フルーツも選択に悩みましたが、イチゴたっぷり

写真はないですが、マンゴー、パパイヤなど南国フルーツはもちろん、様々なフルーツを堪能しました。

f:id:toshiwithlove:20170605104331j:plain


カクテル+ジュース飲み放題税サ込約5500円

2017年6月4日、1円=205ドンで計算

値段の設定はいろいろありますが、この食材を目の当たりにすると、ワインやビールを飲んでいる暇が、有るでしょうか。

天然100%のオレンジジュースやスイカジュースと、時々、トロピカルカクテルを飲めるかどうか。

約5500円のセットで充分、オススメです。


シャンパン、カクテル、指定ハウスワインとビール飲み放題

VND 1,490,000++: ->VND2,185,000

日本円=>約10700円


カクテル、指定ハウスワインとビール飲み放題

VND 1,090,000++:->VND1,253,500

日本円=>約6110円


ノンアルコール・カクテル、ソフトドリンク、ジュース飲み放題

VND 990,000++: ->VND1,138,500

日本円=>約5550円


飲み物なし

VND 890,000++: ->VND1,023,500

日本円=>約4990円

バングラデシュのダッカ事件、覚えていますか。

http://arcanaslayerland.com/2016/07/06/dhaka-2/

貧しい人々を苦しめる、日本のODA

バングラデシュのテロ事件、覚えていますか。

日本がマジメにODAしてるのに、どうしてテロにあうのか不思議に思った方が多いと思います。

マスコミや政府は嘘ばかり報道しました。

貧しくてもバングラデシュの国民は、それなりに平和に暮らしていました。

ところが、日本やイタリアなどの先進国は、バングラデシュの貧しい人達を、安い労働力として利用しようと、縫製工場などを持ち込み、急激に労働集約型の働き方を押しつけ、資本主義経済の嵐に放り込み、貧富の差を増大させました。


バングラデシュに超高級ホテルを日本のODAで?

日本のODAでパンパシフィック・ショナルガオン・ホテルという高級ホテルが2007年にオープンしました。

バングラデシュに五つ星ホテルが必要でしょうか。

バングラデシュには、下水道の不備どころか、井戸すらない村がたくさん、あります。

トイレもないのが、普通の場所もあります。

今回のテロ特徴は、バングラデシュの

裕福な知的レベルの高い階層の犯行です。

貧富の差だけ広げる自分勝手な日本のODAへ対する回答だと言えます。


真実を報道しないマスコミ

    事件を美談にすり替える日本政府のしたたかさに恐怖をおぼえます。

赤字のはずの税収から、貧しい国にワイロでハコモノを作り、双方の国民を苦しめて金儲けをする悪魔の所業です。

アルジェリアの時も同じですが、誘拐事件の多発やテロは事前に外務省は把握していたはずです。広がる自分勝手な日本のODAへ対する回答だと言えます。

  

    

    

ストックホルム症候群、安倍晋三と国民

ストックホルム症候群

森友学園加計学園問題と続いても同じ支持率
手口が同じで、安倍晋三の犯罪が明白なのに、
支持率が何故か、落ちない不可解。
ストックホルム症候群とは、人質になった人が、
犯人に恋愛感情を抱くというようなものだが、
家族を人質にされ、重い税金と、実質どの会社も
ブラック企業の現状で重労働から逃げられない国民は、安倍晋三に恋をしてしまっているのだろうか。
正義の声をかき消す、権力とマスコミ
前文科事務次官は、退路をたった勇気ある行動だが、まるで信憑性が疑わしいかのような発言が政府側から出され、マスコミも追求の姿勢を見せない。
罷免された朴槿恵と同じ安倍晋三
ただやただ同然で国有地が、学校法人のものになったら、裏で金が動いていると考えるのが当然だろう。
特に、加計学園からは、以前は報酬までもらっていた関係なのだから

報道の自由度ランキング72位が現実
現実問題として、真実、特に政府、権力者に都合の悪い情報は、報道されないのだ。
やはり、国民は生殺与奪を圧倒的な権力で握る、安倍晋三に恋をしているのだろう。

吉田羊の3つのニュースから見えるもの

20歳年下中島裕翔との熱愛

http://pixls.jp/I0000122

Hey!Say!JUMP中島裕翔と7連泊の熱愛

年齢差20歳という熱愛は、どうしても犯罪のようにおもわれてしまうが、フランスの新大統領マカロン氏の奥様のブリジットさんは25歳年上、日本の磯野貴理子は24歳年上。内海桂子も24歳年上で、特にフランスのマカロン大統領の場合、男子高校生の時からの人間的な尊敬に基づくもので素晴らしい関係だと思う。



14才年上でお金持ちの落語家の昇太との熱愛

https://www.google.co.jp/amp/s/geinou-news.jp/articles/吉田羊-結婚.amp

これも週刊誌に写真を撮られた相手が落語家の独身の春風亭昇太さんで、反対に14歳年上のオジサン。昇太さんは、笑点の司会に抜擢されるなど確固たる地位を確立している落語家だ。



「もらってくれる方がいればねぇ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000109-sph-ent

好感度狙いの発言、「死ぬまでに結婚はしたいけど、もらってくれる方がいればねぇ」という吉田羊の言葉だが、前の2つのニュースと違って、最後のこれだけが、大嘘つきで、平気で嘘つくことで好感度が上がるという変な日本らしいニュースだ。