toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

安室奈美恵の引退と再デビュー

安室奈美恵の引退理由

https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171125/Litera_3607.html

この記事だと、安室奈美恵は所属事務所の搾取から

逃れる手段としての「引退」のようです。


再デビューも近い?報道は再デビューに触れず

記事の内容によれば、再デビューの可能性は高く、

期待は出来ますが、かなりの困難が予想されます。


SMAPの解散理由

https://vipper-trendy.net/smap-kaisan-reason

この記事の内容はスクープというより有名な話ですが、

芸能界における事務所、事務所のトップの権力の

強さを物語っています。


安室奈美恵の決断は勇気を与えてくれる

搾取から逃れるのに多くの困難が予想予想されますが、

安室奈美恵さんは引退を決断されました。

搾取と闘うという強い意志表示をされたことで、

同じく搾取と闘う人達に勇気を与えることでしょう。


国の搾取から逃れる方法は「移住」だけ

このブログで何度も指摘してきたように、先進国で

日本ほど幸福度の低い国はありません。

重税や高額の社会保険料から逃れる方法は国内には

ありません。


マスコミは「外こもり」への偏見を煽ります。

外こもりを脱落者のように否定的な報道をします。

搾取する側にとって都合の悪い人達をマスコミは

徹底的に攻撃します。

口先では、多様性の重視を叫びながら、同時に、

少数派を実際には否定します。


「逃げてる」のはどっち?

外こもりを「落ちこぼれ」として報道し、困難に

立ち向かわず、逃げる「卑怯者」として扱う報道。

はたして、そうでしょうか。

最低限の外国語の勉強、滞在国のビザの知識、

滞在国での適応力、安宿や安くて旨いレストランやの知識、

努力しないと外こもりは、そう簡単ではありません。

外こもり」には想像以上に知識や努力が必要です。

惰性で国内にいる方が、遥かに楽です。

「逃げている」のは外こもりではなく、闘いを避けて

不満があるのに国内にとどまる人達ではないでしょうか。