toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

フィリピンのメジャーじゃないオススメフード

日本にはない、海老天が4つも乗った牛丼

f:id:toshiwithlove:20180516113040j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516113134j:plain


場所 Ayala Center 

価格  249ペソ(約550円)

商品名   Jumbo C

海老天が4つものってこの値段。日本では楽しめない感動です。

Manilaのショッピングモールなら吉野家はどこにでもあります。是非、お試し下さい。


フィリピンらしいコンビニ弁当

f:id:toshiwithlove:20180516120631j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516120707j:plain


場所 セブンイレブン

価格  59ペソ(約130円)

商品名   Busog Meal(sisug with egg role and burger patty)

Busogとはタガログ語、満腹、お腹いっぱいという意味です。タガログ語で「お腹いっぱいです。」Busog na akoって言います。

ご飯に、sisigという豚のホルモン肉を刻んで味付けしたミートソース、薄卵焼き、ハンバーグのおかずです。フィリピンのセブンイレブンなら、どこにでもあります。



ソーセージ一本とご飯だけのコンビニ弁当

f:id:toshiwithlove:20180516132156j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516132243j:plain

場所 MINI STOP

価格  46ペソ(約101円)

商品名   Sausages and rice

日本でいうフランクフルトで、コンビニの中で単品として販売されているものを箱に、紙で包んだご飯と販売します。

フランクフルトの味は可もなく不可もなしってところ。

小腹がすいた時に、ぴったりという感じです。


フィリピンの家庭料理Sisigたっぷりのお弁当

f:id:toshiwithlove:20180517074053j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517074240j:plain


場所 セブンイレブン

価格  59ペソ(約130円)

商品名   Busog Meal(Jumbo Sisig)

まさにフィリピンのソウルフードと言えるSisigシシグ).. 細かく刻んだ豚肉のほほ肉や豚の耳、内臓などをしょう油、ビネガー、にんにく、唐辛子に調味料で炒めた料理。 イタリアンのミートソースを東南アジア風のスパイスをきかせた味ってとこでしょう。


Giniling(ギニリン)という上記のSisigに似た弁当

f:id:toshiwithlove:20180517194645j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517194756j:plain

商品名 Busog Meal(Giniling)

豚のひき肉と人参、じゃがいもなどを一緒に炒めたフィリピン料理、Sisigとの違いは使用する豚肉の部位の違い。


オムレツとご飯だけのお弁当

f:id:toshiwithlove:20180517135012j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517135125j:plain

場所 セブンイレブン

価格  29ペソ(約64円)

商品名 Busog Meal(Tuna Omlette)

オムレツの具は、ツナ缶のツナだけの超シンプルなオムレツ。値段が64円だから、こんなものかって思うが、一度は食べてみる価値はあると思います。


四つ星ホテルの朝食ビュッフェ

フィリピンの有名なローカル料理っていうと、アドボ(豚、鶏肉とたまねぎ、ピーマンをニンニクやフィリピンの醤油で甘辛く煮込ん料理)、シニガン(酸味のあるスープで、いろいろな野菜と、エビ、豚、牛、魚のうちのどれかと煮込んで作ります。)が有名ですが、わざわざ調べてレストランに行かなくても、四つ星程度のホテルなら朝食ビュッフェにローカル料理が出てきます。

ホテルによって違いがありますが、フィリピンの中・高級ホテルでは、朝食ビュッフェのメニューを毎日、変えて地元の料理を楽しませてくれます。

f:id:toshiwithlove:20180517090445j:plain


f:id:toshiwithlove:20180518084428j:plain