toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

ホーチミンの居酒屋の誇大記事、実際のところは・・

過激なセクシーさが売りものかと思いきや

f:id:toshiwithlove:20180420175953j:plain


ホーチミンでは居酒屋の普通のCampaign girl

ガイドを依頼してこられるお客様の中には、

ホーチミンのセクシーなお店の記事を見られて

興味を持たれ案内を希望される方が多い。

「ビアオム」、「めしオム」と「オム」が、

最後につきますが、オムはベトナム語で抱くという意味で、飯オムならベトナム嬢を抱き ながら飯を食べる場所で、ビアオムとはビールを飲みながらベトナム嬢をビールを飲みながらベトナム嬢を抱く場所という意味です。


実際に行ってみると、さほど面白くない

簡単に言うと日本の「おさわりバー」みたいですが、期待はずれどころか、不愉快な思いをします。

とにかくお金の要求が激しく、客を喜ばせる気持ちは

全然ありません。


セクシー居酒屋もミニスカートの女の子だけ

ガイドのお客様に教えて頂いたブログを見ると、

胸を強調した「ボディコン」のミニスカートの

女の子が鍋を調理してくれたり楽しそうです。

でも、それだけのことで、すぐ飽きます。


なぜ誇大なブログ記事になるのか

経営者に頼まれて、裕福な日本人客を呼び込みたいのか、そんな場所しか本当に知らずに記事を書いているのでしょう。


もっと楽しいところはたくさんある。

日本とベトナムの経済的な格差は激しく、その分

バラエティに富んでいます。しかし日本人向けの

カラオケに代表されるように現地の相場からは

かけ離れた外人価格が存在するのも事実です。

お金をそんなに出さなくても楽しい場所はあります。