toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

感銘したブログ・・・年間18万件 中絶の現場

年間18万件 中絶の現場―「望まれない妊娠」をどうするか

https://news.yahoo.co.jp/feature/613?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-c3-dl


2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万6979人で、

出生数から弾くと、6回に1回の妊娠が中絶されている計算になる


掻爬(そうは)とは


図解のイラストだけでも、その残酷さが理解できます。掻爬とは、懸命に生きようとして命を奪い、引っ掻き出すことなのです。




【重要】流産したときに~~掻爬はしないで!


掻爬(そうは)とは,道具を使って子宮の内側の膜に沿って子宮のなかみを「掻き出す」処置です。多くの日本人医師は超音波エコーを使わず,「手探り」で行っています。しかも,取り残しがないようにするために,子宮内膜を全面的に掻くようにすることが推奨されてきました。

しかしそれでは,正常な内膜も掻き取られることになり、次の妊娠の着床率が低くなり,子宮腔癒着症などによる不妊がもたらされます。


ハードルが高すぎるピル(避妊薬)の購入
http://避妊薬通販.com/

海外では処方箋も不要で気軽るに安いピル
http://ピル値段a.com/thailandpill/

タイで低用量ピルを買うのが、世界で一番簡単で、価格的も一番安い。1シートの値段が1シート240円


初期妊娠の中絶費用は15万円が相場?


まとめ
あえて300億円の市場規模という表現にします。
許認可権の乱用で、中絶市場で大儲けを続けようとする医者と官僚の利権のために、望まない妊娠を防ぐピル(経口避妊薬)の販売が規制され、妊娠にいたる6人に1人の赤ちゃんが、残酷な方法で殺され、いい加減な中絶手術で、多くの女性が不妊症にされてしまう現実が日本にはあるのです。