読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toshiwithlove’s diary

Knocking around freewheelingly all over the world.. Fighting against the Japanese higher bureaucy from outside Japan. 'Coz, coscously or unconsciously, we, Japanese are mentally controlled by them and we can't enjoy our lives. In other words, Japanese a

日本の高校で哲学を学ばせない理由

フランスでは高校で哲学を勉強する

日本で哲学を勉強させない理由は、官僚に都合の良い価値観を洗脳するためだ。

http://www.franceplusplus.com/2013/06/reflechir/

結婚は誰のため

結婚したい人がいるから結婚したくなるはずだが、結婚するために相手を探す本末転倒になるのも教育のせいです。

夫婦別姓の選択は個人的なはず

夫婦別姓を認めないのも、専業主婦という中途半端で官僚が利用しやすい立場におくためだ。

子育て終了後は、低賃金労働者にする

ギャンブル同様に教育で射幸心をあおり、実現不能な妄想を抱かせ、

「教育費」を得ようとパートをする衝動さえ持たせるのは、低賃金パート労働者を供給できるシステムの維持が目的です。

「扶養者控除」というマヤカシ

子育てに区切りがついた段階で、次の短絡的な衝動は、外で働くことになるが、

扶養控除内の金額に103万・130 万・141万円の3つの上限があって、働いても税金が増えないという「お得感」という錯覚が用意され主婦はパートに飛びつきます。

北欧やヨーロッパで教育費は無料です。

本来、国が負担すべき教育費を得るためにパート労働をするべきではありません。

男も女も、自由を奪われ、官僚の奴隷です。

あえて反感を買う表現をしますが、洗脳され切った奴隷というしかありません。

三木清が獄死した当時と同じ環境

「人生論ノート」の三木清は、ドイツ、フランスで哲学を学び、帰国し教壇に立っていたが、彼の「個人の幸福の追求」という概念が反国家主義と誤解され、テロリストでもないのに特高警察に捕らえられ獄死した。

それほど、当時の日本では、「滅私奉公」という全体主義で、で個人を黙殺し戦争への道を歩んでいた。現代において、特高警察は存在しないが、

官僚の意を、マスコミが忖度し、結婚や子育てで

射幸心をあおり、主体的な価値観で、生きる楽しみを個人から奪い、働きアリや働きバチのように生きることをしいてはいないだろうか。

特高警察で思想統制するよりも、マスコミと公教育の場を利用し、徹底的な洗脳する現代の方がもっと恐ろしい。