toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

子供への教育の押しつけは、時間と金の無駄。

「お受験」は誰のため?

日本人のギャンブル依存症は世界一ですが、もっとタチが悪いのが「お受験」の依存症です。

ストレスだらけの日本で現実逃避するには、ギャンブル依存か、薬物依存か、子供の教育に夢を託すしかありません。

しかし親の夢を託されることほど、子供にとって迷惑なことはありません。

    なぜなら、例外を除くと、子供は向学心も、親のコピーをするからです。

言い換えると、親が勉強嫌いなら、子供も勉強嫌いになるのです。

いくら塾に行かせようが、家庭教師をつけようが、進学校に行かせようが、肝心の向学心がなければ、どうしようもないのです。

親の背中を見て子供は育ちます。

親が楽しんで勉強すれば、子供も自然に勉強を好きになります。

万一、「大人は、もう勉強しなくても良いのだ。」なんてことを言うと、卑劣な言い訳や言い逃れだけを、子供は学びます。