toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

30年前に娘をなくした通学路で見守り中に・・・

繰り返される通学路の悲劇

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000087-asahi-soci

マスコミは犯人への憎悪をあおるだけ。

セルフメディケーション減税」とは、

官僚が天下りする製薬会社の販促活動に税金を

使う悪どい法律だが、マスコミは、まる朗報のような扱いだが、行政の怠慢を指摘するべきニュースの場合も、本質的な問題に目が向かないような報道をする。通学路の事故も同じだ。

悲惨な事故を防ぐのは、どれか

     集団登校

     保護者が交代で登校の見守り

     違反者の罰則強化

残念だが、どれも役に立たない

悲惨な通学路の事故を防ぐには、ガードレールの整備しかない。それが困難な場合は、せめて低学年だけでもスクールバスでの通学にすることは不可能ではないはずだ。

権力の顔色をうかがうマスコミ

第二次大戦のさなか、街角で出征する身内や恋人のために「千人針」に励む、女性の姿がよく見かけられた。当時のマスコミは、これをニュースにしたが、反戦とは逆に、出征する身内のために健気な行動として戦意高揚に利用していた。

今も、やっていることが同じだ。