toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

ベトナムの不動産投資について

ここ10年、タイインドネシアフィリピンシンガポールをperpetual travelerとして放浪を続けて来ました。

チャイナプラスワンとしてどの国の将来性が明るいか、肌感覚で得たものから、ベトナムで、

不動産投資をしてみる気になりました。

1)外国人への解放が始まったばかり

    2015年から、外国人への不動産の購入を

    条件つきで始めたばかりであること。

    ホーチミンの新規プロジェクトの購入者の、

    割合は、僅か4%前後です。

2)ベトナムの税金が安い

    ベトナムキャピタルゲインの課税率が少なく

    税制が、日本と異なり、損益に無関係に2%が

    売却額に課され、所有期間も問われない。

   (ただし、利益を日本に持ち帰ると二重課税)

3)諸経費がかからない

   日本だと予算の25%程度が税金・諸経費などで

   必要、つまり1000万円あったとしても750万円の

   物件しか買えない。商習慣の違いから、購入時

   の予算とほぼ同額の物件が購入出来る。

4)ベトナム経済の発展の可能性

    鉄道に注目すると、東南アジアでは、

    シンガポールのMRTが一番早く充実したが、

    国土の限界やすでに高騰して不動産に魅力が

    乏しい。

    タイは次にMRTが発展しているが、政情不安は

    まだまだ続く。

    フィリピンは、今だ、ジプニーに依存。

    ベトナムはMRTの工事に着手したばかりだが、

    確実に進んでいる。