toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

フィリピンのメジャーじゃないオススメフード

日本にはない、海老天が4つも乗った牛丼

f:id:toshiwithlove:20180516113040j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516113134j:plain


場所 Ayala Center 

価格  249ペソ(約550円)

商品名   Jumbo C

海老天が4つものってこの値段。日本では楽しめない感動です。

Manilaのショッピングモールなら吉野家はどこにでもあります。是非、お試し下さい。


フィリピンらしいコンビニ弁当

f:id:toshiwithlove:20180516120631j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516120707j:plain


場所 セブンイレブン

価格  59ペソ(約130円)

商品名   Busog Meal(sisug with egg role and burger patty)

Busogとはタガログ語、満腹、お腹いっぱいという意味です。タガログ語で「お腹いっぱいです。」Busog na akoって言います。

ご飯に、sisigという豚のホルモン肉を刻んで味付けしたミートソース、薄卵焼き、ハンバーグのおかずです。フィリピンのセブンイレブンなら、どこにでもあります。



ソーセージ一本とご飯だけのコンビニ弁当

f:id:toshiwithlove:20180516132156j:plain


f:id:toshiwithlove:20180516132243j:plain

場所 MINI STOP

価格  46ペソ(約101円)

商品名   Sausages and rice

日本でいうフランクフルトで、コンビニの中で単品として販売されているものを箱に、紙で包んだご飯と販売します。

フランクフルトの味は可もなく不可もなしってところ。

小腹がすいた時に、ぴったりという感じです。


フィリピンの家庭料理Sisigたっぷりのお弁当

f:id:toshiwithlove:20180517074053j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517074240j:plain


場所 セブンイレブン

価格  59ペソ(約130円)

商品名   Busog Meal(Jumbo Sisig)

まさにフィリピンのソウルフードと言えるSisigシシグ).. 細かく刻んだ豚肉のほほ肉や豚の耳、内臓などをしょう油、ビネガー、にんにく、唐辛子に調味料で炒めた料理。 イタリアンのミートソースを東南アジア風のスパイスをきかせた味ってとこでしょう。


Giniling(ギニリン)という上記のSisigに似た弁当

f:id:toshiwithlove:20180517194645j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517194756j:plain

商品名 Busog Meal(Giniling)

豚のひき肉と人参、じゃがいもなどを一緒に炒めたフィリピン料理、Sisigとの違いは使用する豚肉の部位の違い。


オムレツとご飯だけのお弁当

f:id:toshiwithlove:20180517135012j:plain


f:id:toshiwithlove:20180517135125j:plain

場所 セブンイレブン

価格  29ペソ(約64円)

商品名 Busog Meal(Tuna Omlette)

オムレツの具は、ツナ缶のツナだけの超シンプルなオムレツ。値段が64円だから、こんなものかって思うが、一度は食べてみる価値はあると思います。


四つ星ホテルの朝食ビュッフェ

フィリピンの有名なローカル料理っていうと、アドボ(豚、鶏肉とたまねぎ、ピーマンをニンニクやフィリピンの醤油で甘辛く煮込ん料理)、シニガン(酸味のあるスープで、いろいろな野菜と、エビ、豚、牛、魚のうちのどれかと煮込んで作ります。)が有名ですが、わざわざ調べてレストランに行かなくても、四つ星程度のホテルなら朝食ビュッフェにローカル料理が出てきます。

ホテルによって違いがありますが、フィリピンの中・高級ホテルでは、朝食ビュッフェのメニューを毎日、変えて地元の料理を楽しませてくれます。

f:id:toshiwithlove:20180517090445j:plain


f:id:toshiwithlove:20180518084428j:plain



マスコミは制度の欠陥を隠すために犯人を憎ませる

新潟女児殺害事件で思うこと

世界でも、低学年の小学生を一人歩きさせる国は日本ぐらい、スクールバスを小学校に導入しなくてはいけない。発展途上のベトナムでする下校時はバイクで親が迎えに来る。そろそろ、犯人への対策ではなく、制度の欠陥に気づくべき。


通学時の交通事故も、厳罰化よりガードレール

小学生の通学時の悲惨な交通事故のニュースが絶えない。そのたびに、犯人の問題点が指摘され、高齢者の運転手の免許証を返納させるべきだとか、無免許運転や飲酒運転の厳罰化がニュースで話題になる。どうして、そんな報道にしかならないのか。


マスコミは意図的に制度批判を避けている

欧米や東南アジアでも、車が頻繁に走る道路で子供が1人歩きする光景は見かけない。

要は、日本で起きている通学時の悲惨な事故や、幼児殺害事件の原因はそこにある。

スクールバスを導入したり、ガードレールを整備すれば、起きない事件なのだ。

マスコミは、国の批判をしない。というより、できないのだ。以前、高市早苗総務大臣だった時、「電波を止めることもある。」と発言し、物議をかもした。

権力に怯え、権力に忖度しながらニュースを報道しているのが現実だ。


駅のバリアフリー同様に、根気強さが必要

まだまだ駅のバリアフリー、プラットホームの安全化は進んでいないが、以前から比べるとましにはなってきた。

住民運動でガードレールの設置を行政に働きかけたり、小学生単位でも良いから、スクールバスを導入するところが増えていけば、マスコミや国の行政も変わっていくのではないだろうか。



日本の「勤勉」は誰のため?

子供は「勉強」大人は「仕事」が義務?

NHKを始め、マスコミは全てを勝者と敗者に分けて、勝者を賞賛する。また勝者には「努力」や「ストイック」が必然とされ、その「努力」や「ストイック」自体もまた賞賛される。

どの世界においても、勝者は、極一部であり、大部分は敗者となることで大きなストレスや妬み嫉みをいだくことになる。


個人の価値観を認めない理由

官僚、政治家、資本家は国民をこき使うことしか考えていないが、「太陽と風」の論理のように、強制的にこき使おうと思っても、こき使えない。

「勉強さえできれば」とか「マジメにコツコツと努力すれば」という幻想を与え、信じ込ませるためには、主体的な考え方や価値観を持たせないように教育やマスコミを通じて徹底する。


オウム真理教に優秀な学生が多かった

松本智津夫(麻原彰晃)が優れていたのは、日本のこのシステムを上手に利用したところにある。「努力→修行」、「成功→昇進」、「権威→麻原」と凝縮されたシステムがオウムにはあった。


イタリアやスペインで感じたこと

スペインには「シエスタ」という昼寝というか昼休みが、いまだに、ある。

シエスタがあるからだろうか、スペインの人達が働くことにストレスを受けている印象がなかった。

シエスタは日本では考えられない習慣だが、導入する会社があれば面白いと思う。


消費税っていうか買い物をする時の税率が複数

日本の消費税って、なんでもかんでも一緒の税率だから逆進性が高いって実感しました。

日常生活に必要な食品は、ちゃんと低税率でした。

日本の健康保険料や住民税って高額所得者も低所得者も変わらないらしいけど、実際にヨーロッパで買い物をしてみると日本の税制の問題点を痛感しました。


一回しかない人生、自分のために

たいした仕事もしていないのに、官僚、政治家、資本家、天下り役人は多額の収入を得ている。それができるのも、国民が搾取されているからだ、


海外で暮らしてみればわかります

私、トシの仕事の宣伝になってしまいますが、日本を離れて海外、特に物価安い東南アジアで暮らしてみませんか。

自己紹介の欄に連絡先もあります。

どうも我田引水に違和感が残ってしまいますが、お気軽に質問して下さい。

あっ、ガイドもしています。


今日の買物、パークソンの中AEONで

f:id:toshiwithlove:20180505150030j:plain

f:id:toshiwithlove:20180505134652p:plain

gà lát chay チキンスライス

価格  37,300ドン(約181円 2018年5月)

鶏肉のフリーズドライ。このシリーズは、これ以外に、豚肉と牛肉がある。東南アジアやヨーロッパを旅すると、朝食や昼食は、外食や簡単にすませて、夕食に時間をかけて、じっくり楽しむのをよく見かける。日本では、朝食も昼食も、手間をかけることが美談にされている。

僕は、ベトナムでも日本でもインスタント食品、特にラーメンを多用する。

お湯を沸かす時に、一緒に入れるだけで、インスタントラーメンがご馳走に変身する。

保存ができて簡単に、インスタントラーメンに彩りを加えてくれるものが日本には少ない。

インスタントラーメンに入れると、こんな感じ

f:id:toshiwithlove:20180505160811j:plain

生の鶏肉の食感を期待したら残念な食感ですが、別物だと思えば、独特な食感・味を楽しめます。


ベトナムには野菜のフリーズドライ

f:id:toshiwithlove:20180505141154j:plain


f:id:toshiwithlove:20180505150406p:plain


ベトナムで人気のインスタントラーメン「HAO HAO」のコピー商品と言える。

本家エースコックHAO HAOの画像

f:id:toshiwithlove:20180505150904j:plain


ちゃんと「AEON」と表記してあるので、ノーブランド商品と呼ぶべきでしょう。


mì tôm chua cay  スパイシーエビ麺

mì tôm gà.              チキン味のエビ麺

価格 両方とも2900ドン(約14円)


本家HAO HAOが3500ドンで600ドン(約3円)安い。


f:id:toshiwithlove:20180505152426p:plain


日本の日清食品のロゴ「NISSIN」と同じロゴがあります。

súp miso 味噌汁

価格  3500ドン(約17円)


f:id:toshiwithlove:20180505153735j:plain

価格 5本で19470ドン(94.5)円

なんと一本あたり約19円です。


f:id:toshiwithlove:20180505154138j:plain


f:id:toshiwithlove:20180505154323j:plain


ベトナム人のソールフードの一つ、バンミーというフランスパンの中に、チキンやポークやツナに野菜をはさんで食べるフランスパンです。

価格に注目して下さい。日本の小型のフランスパンと同じ大きさで2000ドン(約9.7円)です。


購入したホーチミンのタワーマンションの画像

Golden RiverというCondminium、入り口です

f:id:toshiwithlove:20180430162126j:plain


建物全体です、矢印の位置が入り口です。

f:id:toshiwithlove:20180430162428j:plain


エレベーターホール、左右7基、計14基あります。

f:id:toshiwithlove:20180430162718j:plain


50階建ですからボタンも50個あります。

f:id:toshiwithlove:20180430162906j:plain


37階のフロアです

f:id:toshiwithlove:20180430163157j:plain


部屋の中

f:id:toshiwithlove:20180430163438j:plain


シャワールームとトイレ・洗面です

f:id:toshiwithlove:20180430163705j:plain


隣のビルの景色です

f:id:toshiwithlove:20180430164155j:plain


タワーマンションの場所(赤いランドマーク)

f:id:toshiwithlove:20180501170938j:plain






ベトナムの街角グルメ・・・bún măng (ブン マン)

bún măng(ブン マン)

f:id:toshiwithlove:20180427151253j:plain

bún パスタにたとえると                   Vermicelli.又は素麺

măng      タケノコ

thịt vịt     duck meat、アヒルの肉

giá đỗ       bean sprouts もやし

rau sống  green onion     ネギ


価格  25000ドン


出汁はアヒルの肉とヌクマム

酸味のきいた飽きない味

野菜はもやしが多いが、あっさりと食べやすい麺料理。


ホーチミンの居酒屋の誇大記事、実際のところは・・

過激なセクシーさが売りものかと思いきや

f:id:toshiwithlove:20180420175953j:plain


ホーチミンでは居酒屋の普通のCampaign girl

ガイドを依頼してこられるお客様の中には、

ホーチミンのセクシーなお店の記事を見られて

興味を持たれ案内を希望される方が多い。

「ビアオム」、「めしオム」と「オム」が、

最後につきますが、オムはベトナム語で抱くという意味で、飯オムならベトナム嬢を抱き ながら飯を食べる場所で、ビアオムとはビールを飲みながらベトナム嬢をビールを飲みながらベトナム嬢を抱く場所という意味です。


実際に行ってみると、さほど面白くない

簡単に言うと日本の「おさわりバー」みたいですが、期待はずれどころか、不愉快な思いをします。

とにかくお金の要求が激しく、客を喜ばせる気持ちは

全然ありません。


セクシー居酒屋もミニスカートの女の子だけ

ガイドのお客様に教えて頂いたブログを見ると、

胸を強調した「ボディコン」のミニスカートの

女の子が鍋を調理してくれたり楽しそうです。

でも、それだけのことで、すぐ飽きます。


なぜ誇大なブログ記事になるのか

経営者に頼まれて、裕福な日本人客を呼び込みたいのか、そんな場所しか本当に知らずに記事を書いているのでしょう。


もっと楽しいところはたくさんある。

日本とベトナムの経済的な格差は激しく、その分

バラエティに富んでいます。しかし日本人向けの

カラオケに代表されるように現地の相場からは

かけ離れた外人価格が存在するのも事実です。

お金をそんなに出さなくても楽しい場所はあります。