toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

何に使うか不明のまま導入される出国税

国税19年度導入へ1人1000円

https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00m/010/084000c


410億円ものお金、何に使うのか

観光庁は、2020年に訪日客を4000万人に

増やす目標達成のために海外での観光宣伝の

強化や、多言語の観光案内の整備、

出入国管理体制の強化などに使うというが

年間410億円も必要だろうか。


観光庁以外も使える規定って、何?

報道によると、「徴収したお金は、観光目的で

あれば観光庁以外の省庁でも使えることを

想定している。ただ、観光と関係の薄い施策に

使途が広がると国民の反発を招く可能性もあり、慎重な制度設計が必要となりそうだ。」


復興特別税と同じ、無関係な目的にも?

http://yaplog.jp/ocaltpon/archive/427

東京の税務署の改修費や、北海道や九州の

道路建設費、さらに捕鯨反対運動の対策費用に

まで使われてしまい、困窮する被災地を

馬鹿にする役人の傲慢さが露呈したのと同じ

結果になりそうです。


離発着料と空港利用料の二重取り

飛行機の料金には、離発着する空港での

離発着料が含まれる。今でも国によって

日本の空港によっても空港利用を徴収しない

空港はたくさんあります。

無駄に施設を巨大化し、赤字を利用者に

おしつける手法はいい加減にしてほしい。

なんだかんだで、結局は国民から金を絞り

取って、無駄な天下り組織や施設を作る

ために使われる税金はやめてほしい。


狭い日本に空港が97も、ほとんどが赤字

https://zuuonline.com/archives/129662

日本のように狭い国に97も空港がある国は

ありません。赤字になって当然です。

官僚は、そんなことまでして自分達の権益を

拡張しているのです。


ベトナムのサービスアパートの良さ(再)

安い。月300~600ドル

ベトナム人の平均給料が2~3万円だから

理解出来る安さだが、ホーチミンの1区

レタントン通り、繁華街のど真ん中でも

この価格はすごい。

水道・電気代込みでこの値段

ベトナムの一般家庭では水道代や電気代

は高いらしく、節水・節電に気を使うが

サービスアパートでは気にしない良い。

WiFiが無料

日本では考えられないがWiFiも無料

BSのNHKプレミアムが無料

海外なので日本の民放は難しいですが、

日本語でテレビが見れます。

朝食がない以外はホテルと同じ快適さ

テレビ、冷蔵庫、湯沸かしポットなどは

ホテル同様の設備です。

セイフティボックスもあります。

電子レンジやオーブントースターも

電子レンジやオーブントースターは

普通、ホテルには、ありません。

設置されている電化製品の種類は、

サービスアパートによって違います。

下見でチェックすれば良いでしょう。

アイロンもかけてくれる無料の洗濯

フィリピンなどでは、同居するメイドが

洗濯してくれますが、そうでない場合、

近所の洗濯屋に持って行きますが、その

洗濯物を受け取りに行くのが面倒です。

靴下やパンツまで洗ってくれることには

感動すらおぼえます。


近所に日本食のレストランがいっぱい

あって、大型のショッピングモールも

徒歩圏内でシネマコンプレックスも。

(私のサービスアパートから、徒歩5分で

Vincom Centerという映画も楽しめる

巨大なショッピングモールに行けます。)

f:id:toshiwithlove:20180202150137j:plain

一番ストレスを感じない理由は、物価。

ベトナム人の平均給料が、月2、3万円の

物価は日本人にはありがたいものです。


東南アジアでも、タイ、インドネシア

マレーシアなどは物価が上昇しています

いろいろな国に長期滞在しましたが、

適度な便利さ、物価の安さ、治安などを

考慮するとベトナムのサービスアパート

がオススメです。


ホーチミンで自由に生きてみませんか

物価が安くて、治安が良くて、便利さも

あるベトナムホーチミンでストレスから

解放された生活を送ってみませんか。



社会主義国のベトナムで、カジノが解禁?

条件つきベトナム人もカジノ入場が可能に

https://www.viet-jo.com/news/law/170125090742.html


以前から外人旅行客専用のカジノはありました。

ベトナム人はカジノ入場が禁止されていました。

しかし経済的な発展と共に急速に貧富の差が

広がり、富裕層のような人達も現れ始めました。

そのベトナム人の富裕層がカジノで遊ぶために、

隣国カンボジアに頻繁に行くようになりました。

入場制限は厳しく外国人旅行者でもパスポートを

提示しないと入場できません。


2017年、3年間の試行期間でベトナム人も可能に

月収が1000万ドン(約5万円以上の所得証明で

ベトナム人も入場可能になりました。

カンボジアで大金落とすなら、ベトナムでお金を

使ってほしいということでしょう。

変な社会主義国ですね。


ベトナムのコンビニおにぎり

独自に進化するベトナムのおにぎり

f:id:toshiwithlove:20180122143824j:plain

東南アジア諸国では、どこの都市にも
日本のコンビニチェーンがあります。
ホーチミンもファミマやサークルK
セブンイレブンなどがあります。
日本と同じものもあればベトナム独自の
ものもあります。

ベトナムの物価を考えると高すぎる
日本から出張で来ている人向けに販売されているのでしょう。ベトナム人の平均月給2、3万です、
高すぎます。路上で販売されるフォーや定食と
このオニギリ一個が同じ値段です。
ベトナム人は多分、買いません。
ただベトナム社会主義政権のはずなのに、
資本主義の国より貧富の差が激しく、
裕福なベトナム人は購入しているでしょう。

写真 上     揚げタマネギと鮭      15000ドン75円
cá hồi.      サーモン
 xào           揚げる
hành tây. タマネギ
写真 左    カニカマのマヨネーズ  14000ドン70円
thanh      棒
cua.         カニ
mayo.      マヨネーズ
写真  右    ツナマヨネーズ            12000ドン 60円
ca ngu     マグロ



NHKが企業のキャンペーンをニュースで販売促進?

携帯キャリアのキャンペーンは販促活動なのに

「学割」という名のキャンペーンに過ぎないのに

ニュースとして報道すると、販促活動の支援に

なってしまう。

f:id:toshiwithlove:20180117100332p:plain


ソフトバンクの異様なぼったくりシステム

(1)パケット料金が異常に高い

ソフトバンクの5ギガパケットが月5000円に対し

OCN6ギガパケットは半額未満の月2150円。

倍どころか3倍近い差がある。

f:id:toshiwithlove:20180117103659j:plain

f:id:toshiwithlove:20180117103725j:plain


(2)番号通話がOCNの2倍もする

それも、2年契約や3年契約のようなソフトバンクに有利に契約を押しつけられての話。

そんなプランでないと恐ろしい料金だ。

f:id:toshiwithlove:20180117104803j:plain

f:id:toshiwithlove:20180117104841j:plain

(3)契約期間が2年や3年と異常に長い

格安SIMでは契約直後の6ヶ月以内でペナルティを

かすがソフトバンク2年や3年は異様に長い。


すべて格安より2倍から数倍以上の高い料金設定で、ソフトバンクの中でも安い料金設定を選ぶと

2年も3年もの契約期間になってしまう。


こんなインチキのキャンペーンをニュースに?

三大キャリアは、収益の高さで今や政治的影響力

を強く持つようになってしまった。

元々ぼったくりのソフトバンクの料金設定は、

2年3年契約させるために設定され、2年3年の契約

をしても、はるかに格安SIMより高い。

「学割」と称しても、焼け石に水程度の割引だからニュースの価値なんかない。







「はれのひ」事件で、成人式の着物姿に思うこと。

成人式のルーツ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/成人式


華美になりすぎていないだろうか

成人式の着物姿って人生の中で、そんなに価値のある

イベントなのだろうか。

第二次世界大戦直後、埼玉県の蕨町で小学校の校庭にはられたテントで手作りで行われた「青年祭」がルーツだったはずの成人式、華美になり過ぎてはいないだろうか。


晴れ姿とは、何なんだろうか。

周囲に祝福されること自体、良いことだと思う。

しかし、結婚の披露宴のように、たった1日の

イベントにやたら大金を費やしたりすることが良いことだろうか。


成人式も普段の服装ではダメなのだろうか

場合によっては数十万円もかけて着飾る必要があるのか、はなはだ疑問だ。

そんな大金の余裕があるなら、世界中を旅行して

多くのことを学ぶ方が、これからの人生に役立つのではないだろうか。


1日のため数十万円で着飾るよりバックパッカー

タイのカオサンや、ベトナムのデタムなどバックパッカーの聖地と言われる場所なら一泊1500円程度ならで宿泊できる、夜に通りのオープンカフェに行けば色んな国の人と簡単に友達になれる。

国ごとに大きく異なる文化や価値観の違いに触れれば、その後の人生に与える影響は大きいものになることは間違いないでしょう。


違和感のある既存の価値観から脱却できる若さ

成人式の年令でこそ、学んでおきたい多くのことがあるはずです。既存の価値観に埋没せず、自分らしさを求めて世界に飛び出して、外から日本を、日本にいる自分を客観的に見ることは貴重な経験になるはずです。


ひそかに進行する、危ない「儒教思想」の復活

報道で年令を公表するのは日本だけ

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10140403090

年令や性別で社会的な立場は違ってはいけない、

ダイバーシティ(多様性)の尊重が現在の日本の

報道の主流で、「LGBTなどの性的マイノリティ

が生きやすい社会を」という報道はあるが、

理解は進んでいない。

実際、海外に住んでいると日本の報道姿勢で

年令や性別の社会的位置づけに言及することに

驚きを感じます。

夫婦別姓を認めない最高裁の判決は、男女差別

平成28年の調査でもたった4%だけが女性の姓を

選択し、96%の女性が男性の姓を選択するのが実情です。

https://内縁事実.com/family-name-rate-1865

年代別や性別の違いと社会的な地位は無関係です

平等な社会では当然のことが日本では逆行しています。