toshiwithlove’s diary

カカオトーク、toshiwithloveで連絡可能です。東南アジアの観光や移住に関する質問にお答えします。ホーチミンの現地ガイドもしています。

喘息を苦に自殺する人もいるのに吸入薬で金儲け

許認可権を悪用する官僚

世界中どこにも自動車学校なんてありません。

自動車免許を取得するのに30万円も40万円もかかる国は、どこにもありません。

自動車運転の学校で学ぶことは実践的でなく役に立ちません。


日本で取るのは高いから、海外で取ろうという人を防止する法律を作る官僚

日本に住民票がある場合は、海外で免許を取っても「連続して3カ月」その国にいないと日本に帰国してから国際免許での運転は認められないという法律

https://www.newsweekjapan.jp/amp/reizei/2011/06/post-308.php?page=1

このブログでは、この法律を妥当という意見です。

日本で免許停止になった人が海外で国際免許を取得して日本で運転するのを防ぐために仕方ない法律だと言っていますが、3カ月海外に滞在すれば、結局、国際免許で日本の運転ができてしまうので、本当の目的は、日本の高額な免許取得費用を維持するためです。




戸川京子さんという方は喘息を苦に自殺しました

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/戸川京子


喘息で自殺なんてと思う方もいらっしゃるとは思いますが、呼吸が困難な状態というものは、本当に苦しいものです。

特に小児喘息の子供が苦しむ様子に親は耐えられないものです。

日本では医師の処方箋がないと吸入薬が買えません

もっともらしい理由をこじつけてはいますが、医師の利権を守るためです。

そんな危険な薬なら、日本以外の国でも規制が厳しい国があっても良いはずです。でもそんな国はありません。


土日でも、深夜でも喘息の発作は起こります。


喘息で病院に行くと保険を使っても1万円も必要

長く待たされたり、場合によっては、色々な検査まで受けさせられても、喘息の原因や効果的な対症療法は解明されていません。

結局、処方される吸入薬は同じです。


海外で吸入薬を購入することをおすすめします。

f:id:toshiwithlove:20190203081400j:plain





親と暮らす“中年未婚者”の増加は社会問題ですか

激増する中年パラサイト・シングル 将来は「下流かつ孤立老人」に?〈週刊朝日


親と暮らす“中年未婚者”が増加…彼らはなぜ同居を選ぶのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010009-fnnprimev-life


NHK自民党杉田水脈も同じ

自民党の杉田議員は、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです」と発言しネット上で炎上しました。


子供を作らない国民に税金を使うなということは、結婚しない独身の選択を露骨に否定すると、社会的批判を浴びるのは当然ですが、「ひきこもり」同様に、結婚しないで親と同居する独身者を「パラサイトシングル」という社会問題として報道するNHKも同じです。

した2つの記事はNHKクローズアップ現代のものです。


“卒母”宣言 子離れできますか

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3998


アラフォー・クライシス

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4079/


パラサイトとは寄生虫のことです

多様性の時代に、「生き方の一つとして、シングル」も選択肢だから、大きなお世話です。

親と同居する未婚者の増加が社会問題のような捉え方は偏見でしかない。

シングルを選択することで社会不適合者のように見下すべきではない。

クローズアップ現代のように、感動的ドキュメンタリー番組で、こういう問題扱うと妙に説得力を持ってしまうが、本質は杉田水脈議員と同じことを言っている。


ひきこもり」もあるのが自然です

戦前の教育と現代の教育もある意味同じです。

極端な集団への隷属を強制すること、目的意識の不明な勤勉の押しつけなど、欧米の先進国の個性を伸ばす教育とは異なります。


パラサイトひきこもり」は格差社会の拡大に原因があります。

今や、正規労働者より非正規労働者の方が多い時代、さらに雇い止めの乱用など労働条件は悪化の一途を繰り返しています。

結婚して家庭を持つどころか自分一人の生活も不安定なら、親と同居するしかないのが現状です。


対外債務の国別ランキング1位の日本は裕福

世界のお金は日本に集まっていると言えるくらい日本は裕福な国ですが、特定の企業や個人に富は集中しています。

タックスヘイブンの情報の中に多くの日本の企業や個人名がありました。


結局、ゼネコンに還流するODA思いやり予算

国家予算の使い方にも問題があります。

防衛とは無関係の空母の建造、何十億もする戦闘機の購入や役にも立たないミサイル迎撃のパトリオットの購入、さらに本来アメリカが負担すべき駐留軍の費用の負担。

名ばかりの国際協力と発展途上国支援と無関係なODAはひどいものです。

ODAの支出額ランキングを見れば、ベトナムをはじめ特定の東南アジアの国々に偏っていることからも明白です。


NHKの姿勢は政府を擁護するもので中立でない

国の政策、政治の貧困によって追い詰められた人々を、あたかも自己責任であるかのように報道するNHKの報道姿勢には問題があります。





「孤独死」は、そんなに惨めなことでしょうか。

自民党衆議院議員杉田水脈氏の記事

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL7S46J3L7SUBQU00H.html

杉田議員は「同性愛者は子供を作らないから、生産性がない・・・」と言っています。

工場じゃあるまいし、生産性どうのこうのと発言されると国民を家畜程度にしか思っていない本音がよくわかります。


<<結婚して、子供を作らせるための世論操作>>

「結婚する/しない」を「勝ち組/負け組」と風潮を広めたり、「一人暮らしが寂しい」とか「孤独死は悲惨」と言って恐怖心を植えつけたりしています。


<<家族がいても「孤独感」はあります。>>

帰宅恐怖症候群のお父さんが日本には、いっぱいいます。

口うるさい奥さん、父親を尊敬しない子供と一緒にいても楽しいことはありません。


芸能人のヒロシは「一人キャンプ」が好き

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010002-yomonline-life

この記事の中でヒロシはこう語っています。

「ストレスの源って、だいたい……人ですね。100%って言っていいんじゃないですか」


20代で一生独身を決めた男性も増えています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190112-00109840-bizspa-life

この記事の中の男性はこう言っています。

「人と話すのが苦でとかではなく、自分のプライベート空間をしっかりと保ちたいというのが、結婚をしたくない一番の理由です。僕の給料では部屋数の多いマンションを買うことや借りることは不可能ですからね。あと自由もなくなる。我慢しなければならないことも今よりだいぶ増えるだろうし」

帰宅恐怖症候群のお父さんが多いのも、個人に問題があるわけではなく、ごく普通にプライベートな空間を保持できない問題なのです。


ストレスでがんじがらめの結婚制度も権力者の都合

くしくも本音を語ってしまった自民党杉田水脈議員。もちろん、政治家だけでなく、官僚、資本家など国の権力者の大部分は同じ考え方です。だから世界でも珍しい夫婦同姓の強制が日本では続いています。最高裁の判決でも「選択的夫婦別姓」も認められませんでした。


国民の家畜扱いが続く限り、人口減少も続くでしょう

小学校や中学校ではいまだに「皆勤賞」という時代遅れの価値観で勤勉を押し付け、「お受験」と言う馬鹿げた競争で射幸心をあおり、奨学金という名の公的なサラ金を子供に背負わせ、大部分ブラック企業で働き、結婚の勝ち組になろうと焦らせ、結婚して子供ができたら同じ人生を歩む子供を再生産させようとする権力者の企みに気づく国民は増えていきます。

日本の人口減少は止まらないでしょう。




山根明氏より長期に君臨、JOC会長の竹田恒和氏

異常な長期、2019年で20年にもなる在任期間

https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/premium/amp/170719/prm1707190004-a.html


一応、任期は2年のはずだが理事の互選で10期

1989年に、JOCが法人格を取りトップの名称を委員長から会長に変更して当時、全日本スキー連盟会長だった堤義明氏が初代会長になった。

1991年に、財団法人を取得し、体育協会から完全に分離独立後、堤氏の後任に古橋広之進氏が会長に、

古橋氏のつぎに八木氏、その次が当時、日本馬術連盟副会長の竹田氏だった。前任者はその3人しかいない。


長期政権は、よどむのは当然、山根氏よりひどい

理事による互選で会長は選ばれるらしいが、再任禁止の規定はない。

在任期間が20年ともなると、実質、「終身会長」と同じ。

権力が集中し、なん億円もの賄賂を送ることも可能になる。


2016年 2億3千万円の賄賂発覚の記事

https://www.google.co.jp/amp/s/mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160514/k00/00m/050/076000c.amp

この記事の中で、竹田会長は、「招致計画作成や招致演説の指導、

ロビー活動などの業務委託やコンサルタント料である」と説明しているが、

コンサルタント料だけで2億3千万円も必要か、全然、説明になっていない。

スカートの中を写すって、そんなに悪どい犯罪かなぁ

21才の消防士が盗撮で逮捕

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000034-asahi-soci


気づかれないように盗撮するのは難しい

ストレスが大きければ大きいほど、工夫して開放感、快感を得ようとする。万引き、盗撮などの誘惑が身近にあるが、危険度と発覚した場合の損失の大きさも、ストレスの大きさによっては見失う時がある。きっとこの消防士も、その一人だろう。


見つからないように工夫するスリルに依存

もし、成功してもパンツの中身まで見えるわけではないから、得るものは大したことないが明白。

チャンスらしきものとの偶然の出会いとスリルに向きあうことで日頃のストレスを解消しようとしているのに過ぎない。


ビーチに行ってビキニ姿の女性を見ればすむ。

ビーチで長時間、ビキニ姿の女性を見ていても犯罪にならないが、写真を撮ると犯罪になるらしい.

堂々と写真を撮っても問題にならないはずだが、厳密に言うと、肖像権の侵害になるから本人の承諾が必要だが、本人が気づかなければ問題はないし、気づいても、民事問題であって、刑事問題ではないはず。


強制性交罪と同程度の社会的制裁を受ける

女性を恐怖におとし入れ想像を絶するトラウマに苦しめらる、いわゆる強姦で刑務所に行ったとしても、せいぜい数年程度、結果的には、会社をやめたり引っ越ししないといけなくなるような社会的制裁の方が大きい。

この同程度の社会的制裁を、盗撮の犯人も受けることになる。

何か疑問を感じる。


管理職も含めて労働者のストレスが引き起こす惨事

校長が少女買春

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190107-00000028-nnn-soci

f:id:toshiwithlove:20190113214318j:plain


単にハレンチな話題で良いのだろうか

教員、それも校長という立場にありながら15才の女子中学生を買春するハレンチな中年で片付けて良いものか疑問に思います。


教育現場は、管理職もストレスだらけ

給料が恣意的に評価された金額になるのは、ヒラの教諭だけではなくて教頭も校長も同じ教育現場。

とにかく顔色を伺い、パワハラも受け止めて、いい評価をしてもらうために必死になるしかないのが公立学校の現状なのでしょう。

いい評価をしてもらうためには、周囲と同じことをしていてもダメです。周囲から少しでも目立って他の人を油断させ場合によっては裏切って出世して行く教員社会です。


校長になってもストレスは続く

さらに出世をし教育委員会で権力を握る指導主事や文科省から派遣された教育委員会の幹部からすると校長なんて、ちっとも偉くはありません。

無理難題を平気で押しつけてきます。


校長や教頭からヒラに戻る人が続出

昔はあり得なかった校長や教頭をやめる人が続出しています。


追い詰められるとストレス発散の工夫をする

出世するために必死で工夫して他の教諭を出し抜いて校長や教頭になったわけですから、ストレス発散も工夫することに必死になります。

万引きや少女買春も、そう簡単には成功しません。きっと万引きも工夫して成功したり、中高年が苦手なSNSを駆使して少女買春に成功することで快感を得ることができたのでしょう。

繰り返しているうちに捕まってしまう、


万引きや淫行で捕まる警察官も同じです。

さらに陰湿な体質の職場は警察官の職場です。

毎年と言っていいほどピストルによる自殺者が出ます。教諭よりもさらにストレスの激しい職場だからでしょう。


殺人事件にいたる場合もあります。

https://www.sankei.com/smp/west/news/150125/wst1501250024-s.html

大阪府警阿倍野署地域課の元巡査長、水内貴士(当時26)

交際していた女性の首を絞めて殺害したとして逮捕されました。


公立高、10年後130校減…都市圏でも統廃合

公立高、10年後130校減…都市圏でも統廃合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00050091-yom-soci


生徒数の減少だけではない問題

反対に私学の高校は増えている。高い授業料は税金から支出してもさらに高額な諸費用は、一般的な家庭には重い負担。天下りや利権のはびこる私学へのシフトは問題だ。小中の塾通い、夏休みや冬休みの講習の出費も大きい。教育での金儲けシステムの膨張が懸念される。


進む私立の系列化、グループ化

地方の私学だった高校が「◯◯◯大学付属」とか「×××学園付属」が頭について名前が変わる場合もあれば?元の名前がなくなって、どこかの大学の付属の高校であることしかわからない名前になる場合もある。


生き残りのためのグループ化、系列化

人口が減少するのは事実だけど、生き残りの手段として、

エスカレーター式に大学に進学できることを売り物にして

高い授業料や入学金を押しつける教育ビジネスの色彩が

色濃くなり、その大学には大量の文部官僚や他の省庁からの天下りが殺到している。


多額の補助金、私学の授業料補助と犯罪

https://webronza.asahi.com/national/articles/2018073100002.html


https://webronza.asahi.com/national/articles/2018073100003.html


公立高校の減少、それは教育のビジネス化と国民の負担増

急がれるのは、官僚の大学への出向や天下りを禁止する法案の

成立ではないだろうか。